イベントは大きなチャンスだと考えよう

口頭でサービスの説明をするだけでは、分かりにくいかもしれません。 理解できないと思うと、お客さんは早々に帰ってしまいます。 イベントに来てくれたお客さんを、逃さないようにチラシを作ってください。 チラシを見せながら説明すれば、サービス内容が伝わりやすいです。

お客さんが参加できるイベント

話を聞くだけでは、お客さんはいずれ飽きます。 実際に何かを作ったり、ゲームをしたりすればずっと飽きずに楽しめます。 サービスを実際に体験する企画でも良いでしょう。 説明を聞くだけより、体験した方がお客さんは理解できます。 お客さんが参加できるイベントを目標にしてください。

おみやげを配布する方法

来場者には、おみやげを配布するとポスターに記載しましょう。 するとおみやげ目当てで来るお客さんを集められます。 おみやげ目当てのお客さんでも構いません。 イベントに参加することで、サービスに興味を持つことがあります。 まずは、お客さんを呼ぶことが大事です。

華やかなチラシを見せよう

集客イベントは、お客さんに会社のことをよく知ってもらうチャンスです。
どのようなサービスを提供しているのか、分かりやすく伝えてください。
イベントでお客さんが興味を持ってくれると、これからサービスを活用してくれるかもしれません。
何をやっているのか分からない会社のサービスは、怪しいので使いたいと思いません。
集客イベントを開催しても、お客さんが理解してくれなかったら意味がありません。
チラシなどを作って、お客さんに配布すると良いでしょう。

中には、イベントに行こうか迷っているお客さんもいます、
そんなお客さんにチラシを渡すことで、気軽に来やすい雰囲気を作れます。
また事前に、ポスターを作るのも良いですね。
いつイベントが開催されるのか記載しておくと、興味を持ったお客さんはきちんと予定を空けてくれます。
長々と説明を聞くだけでは、お客さんは飽きます。
何かゲームをすると、楽しく盛り上がれるでしょう。
会社のサービスに、興味を持ってもらいやすくなるメリットもあります。

イベントに来てくれたお客さんへ、おみやげを用意するのも良い方法です。
おみやげがもらえると聞くと、とりあえず行こうという気分になる人が多いです。
最初は何となく来ただけだったけれど、説明を聞いているうちにサービスに興味を持ってくれる可能性があります。
お客さんに自分から、イベントに行きたいと思わせることが大切です。
たくさんイベントのことをアピールしましょう。

TOPへ戻る