おみやげを配布する方法

会社をアピールできる物

会社で制作しているキーホルダーやマスコットがあれば、それをイベントのおみやげにしても良いでしょう。
わざわざ制作するのが大変かもしれませんが、おみやげがあるだけでお客さんの入り具合が大きく異なります。
たくさんのお客さんに来てもらって、サービス内容を知ってほしいならおみやげになるキーホルダーやマスコットを制作してください。

地味なデザインでは、魅力を感じません。
かわいらしいマスコットキャラクターが描かれているキーホルダーなら、欲しいと感じるお客さんが多いはずです。
イベントが成功して経営状態が良くなれば、キーホルダーを制作した費用ぐらいは取り戻せます。
ですから遠慮しないで、どんどんおみやげを制作しましょう。

メインターゲットを考えよう

子供が多く集まるイベントの場合は、お菓子をおみやげに配るのが良い方法です。
安いお菓子ならたくさん用意しても、経費を圧迫することはありません。
また会社で作っている化粧品を宣伝するイベントの場合は、化粧品のサンプルを配るのがおすすめです。
イベントに来てくれるお客さんもほとんど女性でしょうから、サンプルの化粧品は好まれます。
サービス内容も伝えられるので一石二鳥ですね。

イベントの趣旨や、来場してくれるお客さんのメインターゲットを考慮しておみやげを用意してください。
少しリッチなおみやげを用意して、先着順に合配布する方法もあります。
価値が高いおみやげならみんなが欲しいので、早々にたくさんのお客さんが来てくれます。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c